• スクワレンが生まれた日

  • 肝油とは、日本古来から使用をされている栄養の補助食品となります。 そんな肝油の中でも、深海サメから抽出をされた肝油にはスクワレンという成分がふんだんに含まれています。 スクワレンは、実は人の皮脂にも含まれている成分となります。 スクワレンは、皮脂の細胞を元気に保ち続ける役目をはたしており、年齢を重ねるに従い減少をしていってしまうと言われています。 年齢を重ねた、年配の方の肌がしわしわになってしまっている原因は、スクワレンが少なくなっているからかもしれません。

    東京工業試験場で、明治39年に辻本満丸博士が発見をした成分、スクワレン。 当時、油脂の研究を行っており、自分の体重の25%をもの占める肝臓を持っている深海サメの肝油に着目をしていました。 その深海サメの肝油を分析し研究をしていた時に新しい油脂物質を発見し、スクワレンと名付けられたのです。 人間が体内の中でも、生成をされているスクワレン。 10代の成長期が、最もスクワレン成分が多く生成をされる時期となります。 多くの細胞が最も良く代謝をする事が必要とされる成長期。 この成長期に、スクワレンが最も多く生成をされる事も人間の身体の神秘の1つですよね。 しかし、残念ながら20代に入ると、徐々に減少を遂げてしまうのです。

    [美容健康関連サイト]
    20代の女性から注目されている酵素ダイエットを比較しているサイトです・・・酵素ダイエット 比較
    根強いファンが多い「青汁」をランキングしているサイトです・・・青汁 ランキング